弁護士で独立開業

日本で最も格式があり、最高峰の試験と言えば、
司法試験です。
今は試験制度が変わり新司法試験となり、以前よりはハードルが下がりましたが、
それでも超難関の試験であることには変わりありません。

しかし、その弁護士は、今は仕事がなくて、
以前のように弁護士になれば、将来安泰という時代ではなくなりました。
実際に食べていくことができなくて、弁護士を辞める方もいます。

また、独立しても上手く行かず、何処かの事務所に所属したり、
もしくは企業専属の社内弁護士となり、
普通のサラリーマンと変わらない方も増えています。

弁護士になる事がハードルが下がり、
以前に比べなりやすくなりましたが、
その反面弁護士になれば、仕事には困らないと安易になってしまう方も
増えています。

それでやっていけるほど弁護士はあまくありません。

弁護士といえども成功するためには、
人脈や資金が必要になりますし、優秀さも必要です。

弁護士だからみな優秀と思ってくれるほど
世間はあまくありません。

医者と同じで、少しでも腕の良い医者を探されますし、
実績がなかったり、ネットでの評判が悪かったりすれば、
別の弁護士にいかれてしまいます。

これから、弁護士を目指す方はそうした現実をしっかりと受け止め、
高い志を持った弁護士になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です