行政書士で独立開業

以前に比べ数は減りましたが、行政書士で独立開業する方もいます。
理由としては、独立までのハードルが低いということ。

例えば、行政書士で独立開業するために必要な資金というのは、
行政書士会に支払う登録料のみです。
価格にすれば約26万円です。

それだけ行政書士として看板を掲げ仕事ができるのです。

もちろん、その他にも事務所代や事務用品などが必要になりますが、
その程度はたかだか知れていますし、事務所は自宅にすれば良いだけです。

しかし、独立開業しやすくても、それで成功するかは別の話です。
行政書士の職域はかなり広く、できる仕事は多いのですが、
素人でも出来ない事はないという物が多いのです。
しかも、今はネットが普及していることで、行政書士の仕事である
行政種類の作成は、以前に比べ格段に簡単です。
わざわざ行政書士に頼む必要もなくなりつつあります。

もちろん、だからといって、仕事がないわけではありませんし、
今でも面倒な事はしたくないので、行政書士に頼む方は沢山います。

実際に年収1千万円くらい稼ぐ行政書士は沢山います。

しかし、そこは他の業種と同じく競争ですので、
全然上手く行かず、廃業する行政書も沢山います。

そこは行政書士に限らず、全ての仕事にいえますから、
独立するなら覚悟することも必要です。

ただ、行政書士として高収入を得るチャンスはまだまだありますので、
チャレンジしてみるのも良いかも知れません。
世間的には行政書士で稼ぐのも難しいとされていますが、
そうした仕事にこそ沢山のチャンスがあることを多くの方は
知りません。

しかし、独立するためには試験に合格して
資格を取る必要があります。

行政書士は飽和状態にあるためか、
一昔前に比べ、試験の難易度が高くなっております。

効率よく学習して試験に合格するためには、
通信講座を利用したほうが良いでしょう。
通信講座って本当に良いの?

そのサイトに行政書士の通信講座について書かれていますので、
そちらで情報を集めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です